防犯カメラと監視カメラの違いとは?使用目的や特徴を比較

公開日:2023/07/01  最終更新日:2023/06/01


犯罪防止・抑止の目的でカメラを設置する場合、防犯カメラ・監視カメラのどちらの呼び方を使うべきか悩んでしまう人もいらっしゃるかと思います。今回は、防犯カメラと監視カメラの違いや使い分け方、それぞれの特徴などについて詳しく解説します。自宅やマンション、会社などにカメラ設置を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

防犯カメラと監視カメラの違いとは

住宅の入り口や会社、お店に設置するカメラは「防犯カメラ」「監視カメラ」などと呼ばれていますが、両者には明確な定義や違いがあるわけではありません。たとえば、防犯カメラや監視カメラの取り扱い専門業者にてカメラを購入する場合でも、商品として「防犯カメラ」「監視カメラ」のような区別はなく、製品そのものは同じカメラです。

つまり、防犯カメラと監視カメラは呼び方やイメージの違いだけであり、製品そのものには違いはありません。防犯カメラはその名の通り防犯を目的としており、監視カメラは監視を目的としています。そのため、両者の違いは「何を目的としてカメラを設置するか」という点にあるといえるでしょう。

防犯用途と監視用途で異なる使い分け方

防犯カメラと監視カメラには明確な違いはなく、製品そのものとしてはまったく同じカメラとなります。しかし、呼び方が異なるだけで聞き手にとってはまったく違った印象を与えるのが特徴です。以下では、防犯カメラと監視カメラのそれぞれのイメージや使い分け方について詳しく解説します。

防犯カメラは誰かの身を守るために設置されるカメラ

防犯カメラは、住宅に住む人や建物を利用する人の身を守るためのカメラというイメージが強いため、弱い立場の人たちを犯罪から守るという印象を受けやすいです。監視カメラと比較すると設置にポジティブなイメージがあり、カメラを回している間は常に映像をチェックするという性質のものではなく、事件や問題が発生した時にのみ証拠が確認できるかどうかを見るものと考える人が多いでしょう。

たとえば、集合住宅のカメラ設置を「防犯カメラ」であると表現すれば、住民を犯罪や事件から守ってくれているといった印象を与えられます。設置の承諾をスムーズに取りたい場合などは「防犯カメラ」という言葉を選ぶのが無難です。

監視カメラは見張りや監視のために設置されるカメラ

監視カメラは「監視」という強い言葉が使われていることから、強い立場の人が無条件に周りの人を監視するためのカメラであるというイメージがあるでしょう。また、防犯カメラのように問題発生時にのみ映像を確認するというよりは、警備員などが常に映像をチェックしながら監視しているという使い方を想像できます。

どちらかというと、ネガティブなイメージが強くなるため、マンションのカメラ設置などで「監視カメラを設置します」と表現すれば、住人たちは「管理人に行動を見張られている」というように感じる可能性もあります。

一方で、監視カメラには犯罪抑止力的な側面があるため、スーパーの万引き防止対策などの場合には、防犯カメラではなく「監視カメラ作動中」のように示すのが有効です。

防犯カメラと監視カメラの機能や設置場所

防犯カメラと監視カメラの違いは使用目的にありますが、カメラそのものの機能性や設置場所にも違いがあるのでしょうか。以下では、それぞれの内容について詳しく解説します。

カメラの機能性

防犯カメラと監視カメラは製品そのものとして区別はありません。そのため、カメラの機能性についても差があるわけではなく、使用者が使用目的に適した機種を選択すれば問題ありません。

近年ではカメラの性能が非常に高くなっているため、何らかの変化を察知したら手元のパソコンやスマホなどに通知が出たり、怪しい人物を撮影可能な範囲で追跡したりすることが可能です。

設置場所

防犯カメラは犯罪防止のために設置されるため、一般的には誰が見てもすぐにわかる場所に設置されることが多いです。カメラの存在をあえて知らせることを目的として、人感センサーでランプが点灯したり、人の動きに合わせてカメラが動いたりするものも販売されています。

対して、監視カメラは周りの人の行動を監視・見張りすることを目的としているため、防犯カメラとは異なり、見えにくい場所に隠して設置されるケースが多いです。また、防犯カメラはダミーカメラを設置して犯罪防止効果につなげるという使い方も可能ですが、監視カメラはあえて存在をアピールする性質のものではないため、ダミーカメラのような使い方はされないのが特徴です。

まとめ

今回は、防犯カメラと監視カメラの違いについて、言葉としての印象や使い分け方に加え、使用用途に合わせた設置場所などを詳しく解説しました。防犯カメラと監視カメラは製品そのものには違いはなく、何を目的としてカメラを設置するかによって呼び方が変えられています。しかし、防犯カメラには弱い立場の人を守るというポジティブなイメージが、監視カメラにはカメラに映るすべての人を見張っているというネガティブなイメージがあるため、言葉の使いわけ方には注意してください。

また、防犯カメラと監視カメラは設置場所にも違いがあり、防犯カメラはあえて人の目につきやすい場所に設置されるのに対し、監視カメラはどこにあるかわからないよう隠して設置されます。カメラの設置を検討している人は、今回の記事をぜひ参考にしてください。

おすすめ関連記事

検索

【その他】広島県の防犯カメラ設置業者

【NEW】新着情報

防犯カメラを設置することで、さまざまな防犯・不正を防ぐことができます。とくに顧客に安心・安全をお届けする事業者にとっては、防犯カメラが非常に役に立ちます。 歴史的スポットやグルメが有名な広島
続きを読む
「防犯カメラはどこに設置したらいい?」「機種によってどのような違いがある?」「おすすめの設置業者を知りたい」そんなお悩みを抱えてはいませんか。 防犯カメラは、建物や周辺の環境によって、効果的
続きを読む
広島県への引っ越しを検討している方のなかには、治安のよし悪しを気にしている方がいるでしょう。広島県全体の治安ではなく、地域別に確認することがポイントです。 ここでは、広島県の治安について地域
続きを読む